【高田純次さん】生きていく勇気をありがとう

ほむ「ブログをご覧の皆様、こんばんわ。暁美ほむらです。よろしくお願いします」

ぺこり。

ほむ「私事ですみませんが、私が主演の映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語』に足を運んで下さったファン方々、その節はどうもありがとうございました」

ぺこり。

ほむ「その撮影のさい、盛大にネタにされ、メンタルが崩壊してしまった私を救ってくれた、高田純次さんの言葉を貼りつけていきたいと思います。読了時間は7分ほどです」

高田純次(名誉調布市民。夢見る60代)語録

「キミは美女だよね。あ、本当かどうか分からないけど」

「俺は、どMだから自分で自分のお尻をたたいちゃうよ」

「僕は普通の男とは逆で、普通時が21センチで、硬くなると8センチに縮んじゃうんだ」

「キミ、M字開脚ができるの?S字開脚もできる?」

「僕にとって最高のエロは、網目の荒いニットで、チクビが出ているところだよ」

「俺は、股間から粉が出てくるから、『ミスター・パウダー』って呼んでほしいんだ」

「台風の目の視力は22だよ」

「女性の着物は、男の手が胸に入りやすいようにできてるんだ」

「オレが一番気にいっているAVのタイトルは『ちちまる子ちゃん』だよ」

「キミ、少し影がある人が好きなの?僕も夕方歩くと影があるんだ」

レディー・ガガって、普段は普通のかっこうだよね。会ったことはないけど」

「僕は泣ける映画でも笑っちゃうんだ」

「キミ、長身の女性が好きなの?2mとか」

「オレは、のどちんこを震わせながら歌舞伎揚げを食べるのが好きなんだ」

「キミの手から加齢臭がすると思ったら、オレの手だったよ」

「オレが好きな言葉は、『高田さん、面白すぎて俳優だということを忘れちゃう』だよ」

「オレは中学校の時、サッカーの同好会をつくったんだけど、小学生に負けて泣いたことがあるんだ」

「よく『時差ボケ』っていうけど、オレ自体ボケてるからボケとボケで、まともになっちゃうんだ」

「え? その時計、時間がわかるの? 素晴らしいな~」

「キミ、この前 下着で一日過ごしたの?そういう時は言ってくれないと」

「自分で言うのもアレだけど、朝に見る高田純次はキツイよ」

「キミのその下着、食べられるやつ?」

「オレはタバコを吸わないんだ。食べるんだ」

「世の中、分からないことが多いけど、街中を裸で歩いてはいけないということだけは分かってるんだ」

「映画も出るし、CDも出したし、他にやることといったらオリンピックに出ることだな」

「キミ、ラスク食べる?あとで事務所に請求書がいくけど」

「オレの趣味はヒヤシンスの日記を書くことだよ。書いたことはないけど」

「最近はカラオケで新しい歌を歌うことにしてて、『われは海の子』を歌ったんだ」

「全然関係ないけど、井筒監督は早朝ソープが好きなんだ」

「え?キミ、『昔の榊原郁恵さんに似てる』って言われるの?それは、可もなく、不可もなくだな」

「キミ、今度、一人目が産まれるの?二人目はいつ?」

「キミ、ラジオ体操は、第一と第二、どっちが好き?」

「俺は寝ている時は、真面目だよ」

「女子アナがよくドラマに出て『女優になっちゃいました』とか言うけど、ああいうのを認めたらダメだよ」

「オレは仕事を選ばないから ぬいぐるみをかぶったまま九州に行っちゃったんだ」

「キミ、どういう人が好きなの? お金くれる人?」

「オレは昔のことは覚えてるのに、最近のことは全く覚えてないんだ」

「オレはホタテが置いてあると 思わず股間につけちゃうんだ」

「オレが芝居に出るとダメなんだ。お客さん全員がオレしか見なくなっちゃうから」

「オレのキャッチフレーズは『老いても交尾でよ』だよ」

「僕は天からニ物を与えられるかわりにイチモツを与えられたんだ」

「キミ、シイタケは嫌いなのにマツタケは食べれるの? フザけてるねぇ~」

「歯医者に行って治療中に巨乳のヒトの胸が近づいてきたら『バッファローゲーム!』って言いながら突つきたいんだ」

「自慢じゃないけど、ウチのトイレは水洗なんだ。自慢じゃないけど」

「この前、合コンでキャビンアテンダントに逃げられちゃったんだ」

「オレは明日の一万円より 今日の千円なんだ」

「『オレもヘアヌードを撮りたい』って言ったら事務所の人にひっぱたかれたよ」

「俺は自分の心を8万円で悪魔に売ったんだ。 今16万円で取り返そうとしてるんだ」

「キミ、若いね~。19か20か21か22か23ぐらい?」

「JJっていう雑誌があるけど オレのイニシャルはJTなんだ」

「キミ、下着は履いてるの?」

「キミ、清潔感がある人が好きなの?オレも毎日 風呂に入ってるよ」

「『人間はいつか海に返る』っていうから 今のうちにシュノーケルを用意しとこうと思うんだ」

「オレはなんで仕事に呼ばれてのか分からないんだ」

「合コンに『かわいい子を連れてくる』って言っておきながら中途半端なブスを連れてくる子っているよね」

「この前、名古屋の番組で食べ物屋さんを一日で五件まわったんだけど正直言って1件はマズかったんだ」

ダビデ像のおちんちんは先が欠けてるんだ」

「僕はシリフェチだから尻しか見ないんだ」

「僕はアーノルドシュワルツネガーのことを『アーノルドシュワルつねっちゃう』って呼んでるんだ」

「オレは全裸を見られたら『いやんっ!』って言いながら上を隠すよ」

「オレは真面目なコトを言おうとするとクシャミが出るんだ」

「趣味はお風呂なの? お風呂を洗うの?」

「『全身浴』っていうのは頭まで入ることだよね」

「オレは毎日運動してて 腕立て伏せを毎日やろうと思えばやれるんだ」

「オレがCDを出しても100万枚しか売れないから歌詞を忘れちゃうんだ」

「にんにくとおイナリさんは似てるよね」

「オレは元々上品だから 下品な話をし始めると止まらなくなっちゃうんだ」

「オレが通ってる歯医者は吸引機ではなくて、直接 口でツバを吸い取ってくれるんだ」

「ごめんごめん、最近、脳のシワが5本少なくなったから面白いことが言えなくなっちゃったんだ」

「キミ、いい子だね。『YES・NOまくら』でもあげようか?」

「オレは花粉症っていうよりも過敏症なんだ」

「オレは若い頃、『全国のお寺をまわる』っていう名目で 北海道に綺麗なコを探しに行ったんだ」

「『綺麗なものにはトゲがある』っていうけど、その点 キミにはトゲがないね」

「キミ、卒業式で『つばさをください』を歌ったの? 『つばめをください』じゃなくて?」

「オレももう少し売れたいから 都知事に立候補しようかと思ってるんだ」

「オレが都知事になったら 都民全員でピクニックに行こうと思ってるんだ」

「(寿司屋にて)とりあえずオレの手を握ってもらおうか?」

「有名ホテルのトイレに行ったらウォシュレットがついてなかったんで 指でふいたよ」

「中国にある麻婆豆腐の発祥地に行ったら 麻婆豆腐にコショウがかかりすぎてビックリするほどマズかったんだ」

「あなた、いかにも胃が悪そうな顔をしてるよね」

「あなた、何かスポーツやってたの? え!?やってないの? やっぱりね」

「オレももう60歳なんだけど この前、トイレでズボンをおろさないままウンコしちゃっんだ」

「お茶漬けにするとコシヒカリササニシキも同じだよね」

「昔、栃木で ぬいぐるみを着て皿回しをするっていうバイトをしてたんだけど、よく川べりでサボってたんだ」

「手品のグッズで チクビにつけて『こんなに大きくなっちゃった!』っていうのを売り出したら面白いと思うんだけど どう思う?」

「オレは60歳になっても顔が昔の頃とあまり変わってないと思ってたけど、20歳の時と比べたらフケてたよ」

「キミ、今、中学1年生なの?じゃあ もう受験生だね」

「最近は番組の制作費も削られて 今まではパンを5個買ってきてもらってたんだけど今週から3個になっちゃったよ」

「(カニを食べながら)かにかまよりは全然おいしいよね」

「妻は料理は得意なんだけど 缶詰とかをいっぱい出してくるんだ」

「60歳で合コンすると引かれるんだ」

「関根さんのマネージャーの色摩さんの家はすごく立派だったんで これからは彼に冷たくしようと思ってるんだ」

「『一人でいるのが大好き』っていう人がいるけど 一人でずっと笑ってたら気持ち悪いよね」

「パリは寒い時に行くとイイよ。行ったことないけど」

「オレが通っていた高校には野球部のメンバーが9人もいなかったんだ」

「あれ?この話、昨日はウケたんだけどな」

「『トヨタ』って日本語だったって知ってた?」

「『ドライブ』っていうのはクルマで行くの?」

「オレの知り合いは奥さんがアタマに下着をかぶると『今日はOK』っていうサインらしいんだ」

「青年実業家はいいけど中年実業家は魅力がない感じだよね」

「オレは外に出てる時は口にサングラスをして目にマスクをかけるんだ」

「ごめんね。こういう話、あんまり好きじゃなかった?」

「駅ですべって転がってる女はたいてい すっとこどっこいの顔をしてるよね」

「オレは一人でカラオケに行く時は受付で『あとで友達がきますから』って言って入るんだ」

「キミ、骨盤が狭いの? おじさんの手はメジャーになってるから測ろうか?」

「キミ、声がミューシャに似てるね。 え? ミーシャっていうの?」

「ウチの娘が風呂に入っている時にオレが入っていこうとすると娘が怒るんだ」

「変態も ずっと続けていくと変態じゃなくなっちゃうよね」

「老人ホームで『オラは死んじまっただ』を歌ったら大変なことになるよね」

「え? なんでこんな話になったんだっけ?」

「オレは150歳まで生きるんだけど 150になったら死んでると思うんだ」

「札幌は『恋の街・札幌』っていわれてるけど、意外にスットコドッコイが多いよ」

「合コンに一人でも綺麗な女がいると 他のトンチンカンな女はみんな隅っこに追いやられちゃうよね」

「オレは中学2年の時、上だけセーラー服を着たおばあちゃんを見かけて腰が抜けそうになっちゃったよ」

「え?4歳のお孫さんがいらっしゃるの?お孫さんは競馬はやらないの?」

「オレは『コンサートします』って言おうとして『インサートします』って言ったことがあるよ」

「オレは『ストレス』っていう言葉をさっき初めて聞いたよ」

「上司っていうのは 悪口を言われるためにいるようなものなんだよ」

「焼酎を頼んだんだけど 何を頼んだらいいのか分からなかったから『すみません、この店で3番目ぐらいに高い焼酎をください』って言ったんだ」

「お店で『僕、名刺ないんで精子さしあげます』って言ったら20歳のコが笑ってくれたんだ」

「オレはウケれば高級クラブじゃなくても どこの店でもいいんだ」

「15歳のコも3年たったら20歳になるよね」

「キミ、今度オレの映画に出てくれない?作る予定はないんだけど」

「同窓会に行ったらハゲたのが3人、太ったのが9人、ズラが2人だったよ」

「真冬なのに半そでで歩いている外国人がいるけど 寒さがわかんないのかね?」

「キミ、16歳なの?オレなんか16歳の時はタケノコ掘ってたよ」

「あら、コチラにカワイイお子様がいるけど高校生?・・えっ?6歳なの?」

「オレはトマトが大好きで年に1回しか食べないんだ」

「オレはイタリア語がペラペラなんだけど 意味はわからないんだ」

「僕は背中だけ剛毛なんだ」

「オレは いきなりうまいものを食べるとお腹がビックリしてゲリしちゃうんだ」

「オレにとって『有効な一日』っていうのはパンツをはいてない女性に会うことだよ」

「モデルさんってなんで足が長いの?両親がものすごく愛し合ったら足が長くなるの?」

「キミはSなの?Mなの?僕はPなんだ。たまに自分が分からなくなるんだ」

「僕はB型だったんだけど高校の時に8万円かけてO型に変えたんだ」

「オレはいたってフツウだよ。豆腐を食べる時は一度 頭の上に乗せてから食べるよ」

「『透明感のある人がスキ』っていうけど、透明感がありすぎると見えなくなっちゃうよね」

「オレは小児科のことを『コジカ』って読んだことがあるよ」

「オレが鼻をほじくってるのはボケ防止だよ。指先を動かさないと」

「あなた いつも元気みたいですけど ホントに元気なの?」

「オレも『ワンピース』は見てるよ。主人公がワンピース着てるよね」

「よく飲みに行くそうだけど、水を飲みに行くの?」

「オレは優しいから『足をなめなさい』って言われたら喜んでなめちゃうよ」

「オレは『よく見るとカッコいい』って言われるんだけど、よく見ないとカッコよくないんだ」

「ゾウは正常位ではやらないよね。正常位でやったらどっちかが押しつぶされちゃうよね」

「オレが映画館に行くとたいてい満員なんだけど みんな行くところがないんだろうね」

「もうオレがオシリを見せても誰も驚かないんだ」

「オレ、昔 ブラジルにエコノミーで行ったんだけど34時間かかって死ぬかと思ったよ」

「オレは雨男じゃないよ。ただのスケベ男だよ」

「オレはイボ痔だからオナラをするとトランペットみたいな音が出るんだ」

「オレはオペラをやってる人と友達だったんだ。今は友達じゃないんだけど」

「僕は人の話を聞かないんじゃなくて 人の話に興味がないだけなんだ」

「今日は楽しかったから時間がたつのが長かったよ」

「暑い時は全裸を見せたらいいよ。『あぁ、そんなものか』って言われてもう見てくれなくなるから」

「僕はどっちかっていうと『見えなさそうで見えない』よりも『見えなさそうで見える』ほうがいいよ」

「僕は無試験の学校だと入れるんだ」

「オレはよく自分のオシリを鏡で見るんだけど、『え?誰のケツ!?』って驚いちゃうんだ」

「ウチの家は汚いんだけど、家は大きなゴミ箱だと思えば気分がラクだよ」

「キミ、誰かに似てるね~。誰かは分からないけど」

「おしっこする時にチンチンが大きいと困るよね。全部自分にかかっちゃうよ」

「昔、尿を飲む健康法をやったんだけど、おいしくないね。やっぱり冷やさないとダメだよ」

「キミ、何か変わったことはないの?チクビが大きくなったとか、乳輪が肩まできちゃったとか」

「今年はついてるよ。宝くじを買ったら2000円当たったよ。1万円分買ったんだけど・・・・あれ?よく考えたら8000円損してるな」

「キミの好きな食べ物は『男』?」

「今度、ビールを一ケース送るよ。で、いなかったことにして返してもらうから」

「『今年はいいことが起こる』って、自分で思ってるんだ」

「世の中ってオレよりも頭がいい人のほうが多いんだ」

「本当のことを言うと、オレは全く目標がないんだよ」

「オレはプラズマラジオを持ってるよ」

「女性のオシリっておいしいよね」

「え?キミ、今 17歳なの?おじさんが17の時はボーっとしてて、やっと『おはよう』って言えるようになったよ」

「ゴミ置き場に良い電気製品が置いてあるんだけど、あれって意外に持ち逃げしにくいんだ」

「キミ、バストが大きいから肩が凝っちゃうの?おじさん、腰が凝っちゃって大変だよ」

「え?スイカを食べると風邪が治るの?治るのは風邪薬を飲むからじゃないの?」

「キミ、目鼻立ちがしっかりしていて、どこが目でどこが鼻かすぐ分かるね」

「オレ、1回、食べられる下着を食べたことがあるんだけど、あまり美味しくなかったんだ」

「スリーサイズ165センチなの?・・え?身長?」

「身長は朝と夜とでは1センチぐらい違うんだよね。オレなんか夕方には1メートルぐらいに縮んでるよ」

「オレがもう少しスケベだったら調布あたりに秘宝館を作ろうと思ってるんだ」

「オレは普段、大きいおっぱいのことも考えるけど、小さいおっぱいのことも考えるよ」

「『寝る子はよく寝る』っていうよね」

「オレはブルマが好きで、よく履いてたよ」

「オレは人のカネで飲む時はガンガン飲むんだ」

「15の時に童貞を捨てたんだけど、相手はふすまだったんだ。5枚ぐらいは破ったよ」

「オレは死ぬまでスケベでいたいんだ」

「オレは横になっている時でも下半身は元気だよ」

「よく『趣味のないのが趣味です』って言う人がいるけど、フザけてるよね」

「オレの知り合いのところはみんな立ち退きになっちゃったんだけど、相当お金をもらったんだろうな~」

「オレは靴のヒモもしゃぶるよ」

「たまに日本で学園モノの映画と撮ると生徒の女のコがみんなキレイだよね。時々一人ぐらいものすごいデブがいてもいいのに」

「顔、ちっちゃいね~。おじさんもちっちゃいところがあるんだよ」

「汚しちゃいけない服の時にかぎってカレーうどんが食べたくなるんだ」

「・・・ま、ここで笑ってもらわないと困るんだけど」

「オレが精力剤を飲むと少しテーブルが持ち上がるんだ」

「オレは人の舞台を『見に行く』って言って、たいていは見に行かないんだ」

「舞台で大事なことはセリフを忘れないことだよ。当たり前だけど」

「『ムック本』って何?ムクムクしちゃうの?」

「オレには可愛い子だけに『ピッ』と反応するレーダーがついてるんだ」

「もう10月だから衣替えしないといけないんだ。いつも全裸だけど」

「昔、同級生に深田くんっていうのがいてよくウンコをもらしてて、今でも『深田くん』って聞くとウンコのニオイを思い出しちゃうんだ」

「オレは自分の金で海外に行ったことがないんだ。飛行機に乗ると読めないのに英字新聞を読んだりするんだ」

「オレがスチュワーデスさんのオシリを触ったらいけないんだけど、スチュワーデスさんがオレのオシリを触るのはいいんだよ」

「キミのバストは何カップ?優勝カップだね~」

「昔、オヤジが退職金をもらった時に『クルマ買って!』って言ったら『フザケルな』って言われたよ」

「え!?キミ、彫刻刀で彫ったような顔してるね~」

「・・・ごめんなさいね。エッチな話で」

「女装は趣味でやってるわけじゃないよ。女のパンツはかぶるけど」

「『高田さん、カッコよすぎだよね』って言われたら『だよネ』って言ってるんだ」

「オレはお風呂の中で下半身は男にしたり女にしたりしながら4時間は遊ぶんだ」

「オレは好きな話は何回も言っちゃうんだ」

「オレが合コンをやると彼氏がいる女は来なくて、ヒザ蹴りをされたようなヤツばっかり来るんだ」

「メガネのつるで袋とじを開けようとして、つるが曲がったことがあるんだ」

「マーボードーフが辛すぎてオシリから花が咲いたよ」

高田純次の『純』は『純潔の純』だよ」

「オレはサーファーを目指してて、20メートルのロングボードに乗って波打ち際で遊んでたよ」

「オレのところはラジオ体操の皆勤賞をとったらアダルトビデオがもらえるんだ」

「今日はオレに会うから綺麗にしてきたの?当然だよね」

「男はカタくなってると走りにくいよね。ある程度は揺れてくれないと」

「え?キミ、かに道楽に勤めてるの!?やっぱり蟹江敬三が好きなの?休みの日はカニと遊んでるの?」

「サムいダジャレを言われたら風呂に入って温まればいいんじゃないの?」

「お茶を飲む時になんで小指を立てるか知ってる?親指を立てるとこぼれちゃうから」

「日本で最初にサーフィンをしたのはオレだよ。違うかもしれないけど」

ノーパン喫茶がハヤった頃にフルチン喫茶を考えてたんだ」

「もらえるとしたら花束と札束とどっちがいい?」

「え?趣味はカメラなの?カメラを壊すの?」

「ウチのマネージャーはたまに俺よりも高いモノを頼むんだけど、そういう時は見なかったことにしてるんだ」

「おっぱいはデカくないのにおっぱいの先がデカい人っているよね」

「一度言ったことはすぐ忘れるんだ」

「ウインクしようとして両目をつむってしまうことがあって『トシだな~』って思っちゃうの」

「腹が痛い時は歯を抜けば腹が痛いのを忘れられるんじゃないの?」

「チクビを洗濯バサミで挟むと意外と痛いよね」

「あなた血液型もってるの?」

「女子校に通ってるコはダメだよ。みんな目ヤニをためてるようなコばかりだから共学がいいよ」

「キミ、マジックとかできないの?口からヒヨコが20匹ぐらい出せるとか」

「オチンチンの先をゴムでしぼってオシッコを貯めておいて、ゴムをはずしてドバ~っと出てきた時が快感で、『やるぞ!』って思うんだ」

「オレは自分で自分が皮膚呼吸してるのが分かるんだ」

「これは言っちゃいけないんだけど、昨日、湯船の中でオシッコしちゃったんだ」

「そのあとシャワーを浴びて笑いながら出てきちゃった」

「もしも全員が街を全裸で歩いてたら、着物を着てる人は逆にセクシーに見えるよね」

「信号が赤になったらみんな服を脱がなきゃいけないっていう星があったらいいよね」

「公衆トイレの便器が汚いことがあるから立ったままウンコができるようになっておいたほうがいいよね」

「犬がウンコをする時は目が一点を見つめてるよね」

「スカートだったらボクもしょっちゅう履いてるよ」

「オレは、ゆったりしたい時は紅茶をひとくち飲んで、冷めた頃にふたくちめを飲むよ」

「オナラが止まらないという人はコルクを詰めとけばいいんじゃないの?」

「オレの車にはタイヤが4本ついてるよ。え?タイヤじゃなくてダイヤがほしいの?」

「30の時にジャニーズに入ろうと思ってたんだけど、30でジャニーズはキビしいよね」

「最近は全裸で仕事してても熱いから驚いちゃうよ」

「名古屋のクラブで女の子が『高田さん、顔、ちゃっちゃいですね』って言うから『ちっちゃいのは顔だけじゃないよ』って言ったよ」

「オレも『はやい』って言われるけど、光の速さにはかなわないよ」

「高速道路の渋滞で女の子が座ってオシッコするとバレるから、立ってやったらバレないんじゃないの?」

「知ってる?エアコンの室外機の前に立ったら熱いんだよ」

「時々、オレのまわりの空気が薄くなるんだ」

「オレは褒められたら木に登って富士山よりも登っちゃうよ」

「え?キミ、カッコよくない人が好きなの?オレは範疇じゃないな~」

「丸型のおにぎりがうまく握れないっていう人がいるけど、星型にしたら?」

「オレは面白い1週間を過ごしてないんだ。毎日生きていくのがやっとなんだ」

「トシをとると、一日四食とるとハラがいっぱいになっちゃうんだ。え?それだけとれば十分なの?」

「キミ、色白だね。カラダじゅう色白なの?」

「春の宵をみると安土桃山時代を思い出すんだ」

「今年もスグに終わっちゃいそうだから今日は『今年の十大ニュース』やろうか?」

「『春を愛する人はココロ清き人』っていうけどウソくさいよね」

「何もしなくてもハラが減るけど、これが『生きてる』っていうことなんだろうね」

「オレはお店で仲良くなりすぎると手も触れなくなって、酒を飲むだけになっちゃうんだ」

「相手の目を見ながら目の下に力を入れると胸が見れるんだけど、『胸見てるでしょ』ってバレちゃうんだ」

「お互いのバストをもみあってどっちが先に失神するかやってみようか?」

「オレは格好をつけてないつもりなんだけど、カッコよさがにじみ出ちゃうんだ」

「ドラマで死体役をした時に『マイナス50度の冷凍庫に1分間入ってくれ』って言われて入ったんだけど、死体役なのに冷凍庫から出た時に目が動いちゃったんだ」

「ブサイクなのにカラダだけはいい男っているよね」

「寒いとチクビが勃たつよね」

「オレの初体験は小2の時に近くにいたメンドリと。目と目があったんで・・・」

「ジョギングは毎朝自分の目の前でミニスカートの女の子がコケてくれないと毎日続かないよね」

「オレはこんなことを言いながら世の中の人に希望の光を与えてるんだ」

「田舎のラブホテルは発達してるよね」

「オレがしゃべるとみんな濡れるらしいんだ」

「キミ、オブラートに包んだような顔してるね」

「みんな『限定』っていう言葉に弱いから『限定5千万枚』にしとけば売れそうだよね」

「歯は神経をとったら痛くないんだから、虫歯になってもいいように全部の神経をとっちゃったらいいんじゃない?」

「トイレも前後 逆に座って、ドアをあけた人を驚かしちゃうよ」

「キミ、モデルやってたの?・・・プラモデル?」

「人の名前が覚えられないんで、これからは全員『花子』っていう名前にしてくれないかな」

「オレが女だったら高田純次はイヤだな」

「オレはワインを片手にペルシャじゅうたんをなでなでしちゃうよ。ネコじゃなくて」

「全裸でいる時は、勃てないように勃てないようにしてるんだ」

「おじさんに欲しい物を言ってごらん。そのかわり、あなたがお金を出して買うんだよ」

「オレは犬語も分かるよ。『ワンワンワンワン』って言ったら『お前が欲しい』っていう意味だよ」

「飲みに行ってもヘンなことはしないよ。ただ全裸でグルグル回ってるだけなんだ」

「オレはタバコを吸うとケムリにまかれちゃうんだ」

「『ジャスコ』って女の子?あ、スーパーの名前なんだ」

「オレが真面目なことを言うと怒られちゃうんだ」

「30歳の時に仕事をやめて劇団員になった頃は、一日の小遣いが500円だったの」

「『シャンペン』と『しょんべん』は似てるよね」

「オレは一度噛んだ肉を人にあげようとしたことがあるよ」

「メールがメンドくさいっていう人は、速達で送ればいいんじゃないの?」

「え?キミ、18歳なの?18歳っていったら20歳前だよね」

「キミ、マックも行くの?じゃあ、おじさんもマックに行かないといけないなぁ~」

「食事に連れて行ってあげるから、金は払ってね」

「ところで『母性本能』ってドコにあるの?」

「僕は自分自身に対して一番厳しいんだ。まぁ、そんなことはないんだけど」

「この前、人の披露宴でご祝儀を800万円出したよ。出した後すぐに持って帰ったけど」

成田離婚をしないためには成田に行かないことが一番だよ」

「名古屋の番組のプロデューサーにクラブに連れて行かれたんだけど、ザリガニをひっくり返したような女ばっかりだったよ」

「新婚の嫁に馬を見せちゃうとダンナに対してガッカリしちゃうよね」

「今日はコレといってしゃべることもないから、帰ろうかな?」

「『趣味は散歩』っていう人がいるけど、一文字間違えたらタイヘンなことになっちゃうよ」

「お尻は揉まないよ。パンパンッて叩くんだ」

「B型は天才かイっちゃってるか、どっちかだよね」

「高田のおじさんはすごく紳士なんだけど、いつごろから胸が大きくなったの?」

「オレ、実を言うと他の人のことは全く興味がないんだ」

「やっぱり女は顔じゃないよ。心とヒップだよ」

「『働いてるのに給料が安いので上げてくれ!』とは言っても、『働かないから給料を下げてくれ!』とは言わないよね」

「ずいぶん清楚な感じの人だねぇ。清掃じゃないよね」

「今日はもう全部のアドレナリンを出しちゃったよ」

「いじわるばあさんはいるけど、いじわるじいさんがいたらエロそうだよね」

包茎のところにつまようじを2本入れとくと、変わった形だねって言われそうだよね」

「オレは口から屁が出せるんだ」

「オレにとっては、おごってくれる人はみんないい人だよ」

「オレが持ってる車はハンドルを左に回すと左に曲がるんだ」

「オレは体の一部がギアチェンジするんだ」

「カワイイねぇ~。おでこに黒いものを2つつけると古代の美女みたいだよね」

「オレは時々、ビールを飲みながら、下からもビールが出ちゃうんだ」

「そのハイソックスがいいねぇ~。え!?それ、『ブーツ』っていうの?」

「シャツが女と男とで前が違うのは、女のほうが、左利きが多いからじゃないの?適当に言ったけど」

「オレは緊張するとオチンチンが体の中に入っちゃうの。タダで性転換できちゃうんだ」

「オレは靴のニオイをかいだらパワーアップするよ」

「今はアンダーヘアーをハートの形にしてるよ。秋にはダイヤにするんだけど、クローバーが一番難しいの」

「オシリにガムテープを貼るとウンコをもらさずにすむよね」

「口にマスクをしてオシリにガムテープを貼ると、今度は毛穴からウンコが出てくるよね」

「オムツがあると走ってる時でもブリブリできるよね。ちょっと重くなっちゃうけど」

「あ、今日中に返さなくちゃいけないビデオがあったんだ。もう帰っていい?」

「キミ、セクシーだね~。テーブルがちょっと持ち上がっちゃったよ」

「・・・で、何の話だっけ?」

「え?鼻の形が嫌いなの?ちゃんと息ができるからいいじゃない」

「『絶交』の反対語って知ってる?『乱交』って言うんだよ。ダッハッハッハ」

「オレはアバンギャルドすぎて、自分がイヤになっちゃうんだ」

「台湾に行ったら台湾の人ばっかりでビックリしたよ」

「昔、ある番組で前世を占ってもらったら『ピーマン』って言われたよ」

「股間にアフターシェーブをつけると目が覚めるんだ」

「『おふくろの味』とかっていうけど、裏ではオヤジが作ってたりするよね」

「オレ、子供の頃は『しんどう(神童)』って呼ばれてたよ。よく貧乏ゆすりしてたから」

「老人にはショックを与えたほうが長生きしそうだよね」

「今 高1だと次は高2だよね」

「元旦生まれの人は名前も『元旦』にしたらもっと目立てるよ」

「美人だね~。『オンナ忍者』でもいけそうだよね」

「懐石料理なんて年に一度くらいしか行かないけど、行ったら石まで食べちゃうよ」

「ちんちん電車は『ちんちん』っていう音がするから『チンチン電車』っていうんだよね。本物のちんちんは音がしないよね」

「オレが北海道に行ったら、すべての花が咲くよ」

「下着を着けずにガーターベルトだけで会社に行ったら、違う自分が出せると思うよ」

「たまに女房の下着を頭につけると気持ちイイよ~」

「シュワルツェネガーとは友達なんだけど、オレが一方的に否定してんだよ」

「ボクはパーフェクトな人間だから、ホレられてもしょうがないんだ」

「あ、スゴイ!笑うと笑顔になるね~」

「僕の一番のファンは僕だよ」

 

ほむ「読了おつかれさまでしたっ!」

 ほむ「高田さん、生きていく勇気をありがとう!!」

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 劇場版 魔法少女まどかマギカ [新編] 叛逆の物語 暁美ほむら (No.MT036)